りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツから発信

映画『会議は踊る』『風立ちぬ』と挿入歌『Das gibt's nur einmal/ 唯一度だけ』【歌詞和訳付き】

f:id:oishiiringo:20180812230504j:plain

https://www.dhm.de/lemo/bestand/objekt/filmzeitschrift-zum-ufa-tonfilm-der-kongress-tanzt-1931.html

 

ドイツ映画史に名を残す古典的名作『会議は踊る』(独原題:Der Kongreß tanzt)と、その有名な挿入歌『Das gibt's nur einmal/ 唯一度だけ』の歌詞(著作権切れ)和訳を通じて作品をレビューします。更には同曲が映画中で歌われている宮崎駿監督作品の『風立ちぬ』を物語の舞台でもあるドイツで見た感想も。

 

 

ドイツ映画の古典的名作『会議は踊る』の基本情報

 

 『会議は踊る』(独原題:Der Kongreß tanzt)は、ドイツで制作され、1931年に公開されたトーキーのコメディ映画です。上映時間は85分。

 

「会議は踊る」は1934年(昭和9年)に日本でも公開され、「ただ一度だけ」もヒットしたそうです。

 昭和9(1934)年リリアン・ハーヴェイ主演映画日本興行記(1)超絶賛『會議は踊る』と酷評『妾の弱點』 | 古いドイツ映画とともに

 

監督 エリック・シャレル

脚本 ノルベルト・ファルク

製作指揮 エリッヒ・ポマー 

音楽 ウェルナー・リヒャルト・ハイマンフランツ・グローテ

撮影 カール・ホフマン

言語 ドイツ語、英語、フランス語

主な出演者

  • リリアン・ハーヴェイ (クリスタル役)
  • ヴィリー・フリッチ  (アレクサンドル1世役)

 

会議は踊るのあらすじ

 

物語の舞台はナポレオン・ボナパル失脚後のオーストラリアの首都・ウィーン。

ウィーンには各国首脳が集まりウィーン会議が催されています。

 

 題名は、オーストリアのリーニュ侯爵シャルル・ジョセフの言葉といわれる「会議は踊る、されど進まず」(Le congrès danse beaucoup, mais il ne marche pas.)から借りている。会議は踊る - Wikipedia 

 

ウィーンのの手袋屋さんで売り子をしている町娘のクリスタル(リリアン・ハーヴェイ)はひょんなことからロシア皇帝アレクサンドル1世に見初められ、淡い夢のような逢瀬を重ねるのでした。

 

 下はリリアン・ハーヴェイ演じる町娘クリステルがロシア皇帝に招待(?)されてる場面です。
 
 Lilian Harvey and Carl-Heinz Schroth in  Der Kongress tanzt (1931)  
 
この後に馬車に乗ってDas gibt's nur einmalを歌いながらウィーンの別荘に向かいます。 リリアンの可憐さと明るさと音楽・風景全てがマッチした名シーンです。 
リリアンのドイツ語を聞いて初めてドイツ語って可愛くなり得るんだ!と思ったかもしれないくらい、リリアンの可愛いこと可愛いこと。
 

挿入歌「Das gibt's nur einmal/ ただ一度だけ」(映画版)の歌詞と拙訳

 
Das gibt's nur einmal (From 'Der Kongress tanzt')

Das gibt's nur einmal (From 'Der Kongress tanzt')

  • Lilian Harvey
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Der Kongress tanzt: Das gibt's nur einmal

Der Kongress tanzt: Das gibt's nur einmal

  • Lilian Harvey, Felix Lehmann & スタジオ・オーケストラ
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

作詞:R.Gilbert-W.R.Heymann (14 February 1896 – 30 May 1961)
作曲:R.Gilbert-W.R.Heymann

 

 Träum ich? Wach ich? Wein ich? Lach ich?
夢の中?起きている?泣いている?笑ってる?
Heut' weiß ich nicht was ich tu.
今日は自分が何をしているかわからない
Wo ich gehe, wo ich stehe, lachen die Menschen mir zu.
どこに行っても、どこに立っていても、人々が私に微笑みかけるの
Heut' werden alle Märchen wahr.
今日は全ての御伽噺が本当になる
Heut wird mir eines klar:
今日はあることが明らかになる:
 

Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist zu schön um wahr zu sein.
唯一度だけ、またとない、本当だとしたら素敵すぎる
So wie ein Wunder fällt auf uns nieder vom Paradies ein gold'ner Schein.
奇跡のように、私たちに黄金の輝きがパラダイスから降り注ぐ
Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist vielleicht nur Träumerei.
唯一度だけ、またとない、もしかしたらこれは夢なのかもしれない
Das kann das Leben nur einmal geben, vielleicht ist's morgen schon vorbei.
人生唯一度だけ、明日にはもうないかもしれないから
Das kann das Leben nur einmal geben, denn jeder Frühling hat nur einen Mai.
人生唯一度だけ、春に五月は一度だけだから
 
 
Liebe Sonne, Welt voll Wonne, heut' bist du schön wie noch nie.
優しいお日様、喜びに満ち満ちた世界、今日あなたはかつてない位に美しい
All die lieben Vöglein üben selig die Glücksmelodie.
全ての愛らしい鳥達は至福の幸福のメロディーを練習している
Heut' kommt das Glück von Haus zu Haus.
今日は全ての人に幸福が訪れる。
Komm, such dir etwas aus!
さあ、何かを探そう!
 
 
Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist zu schön um wahr zu sein.
唯一度だけ、またとない、本当だとしたら素敵すぎる
So wie ein Wunder fällt auf uns nieder vom Paradies ein gold'ner Schein.
奇跡のように、私たちに黄金の輝きがパラダイスから降り注ぐ
Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist vielleicht nur Träumerei.
唯一度だけ、またとない、もしかしたらこれは夢なのかもしれない
Das kann das Leben nur einmal geben, vielleicht ist's morgen schon vorbei.
人生唯一度だけ、明日にはもうないかもしれないから
Das kann das Leben nur einmal geben, denn jeder Frühling hat nur einen Mai.
人生唯一度だけ、春に五月は一度だけだから
 
 
Herrlich' Blüten, leuchtend glühend, dringt's aus den Büschen empor.
素晴らしい花々が熱く光り輝いていて、茂みから出てくる
Wie in Träumen,all die Bäume,bringen die Blüten hervor.
夢のように、全ての木々が花々をこちらに差し出す
Horch, jede hat ein Wort für dich:
耳を澄まして、木々が話しかけている
Heut' blüh' ich nur für dich!
「今日はあなたのためだけに咲きます!」
 
 

Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist zu schön um wahr zu sein.

唯一度だけ、またとない、本当だとしたら素敵すぎる
So wie ein Wunder fällt auf uns nieder vom Paradies ein gold'ner Schein.

奇跡のように、私たちに黄金の輝きがパラダイスから降り注ぐ

Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist vielleicht nur Träumerei.

唯一度だけ、またとない、もしかしたらこれは夢なのかもしれない
Das kann das Leben nur einmal geben, vielleicht ist's morgen schon vorbei.

人生唯一度だけ、明日にはもうないかもしれないから
Das kann das Leben nur einmal geben, denn jeder Frühling hat nur einen Mai.

人生唯一度だけ、春に五月は一度だけだから

 

Das gibt's nur einmal (レコード版)の拙訳

Das gibt's nur einmal (ただ一度だけ)は、映画の挿入歌とは一部異なる歌詞でレコード版も存在します。

 

Das gibt's nur einmal (Christels Lied) (aus dem Film Der Kongress tanzt) (1931)

Das gibt's nur einmal (Christels Lied) (aus dem Film Der Kongress tanzt) (1931)

  • Lilian Harvey mit Orchester
  • ヨーロッパ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

最後のHerrlich' Blüten~の部分はレコードでは映画の内容を含んで以下のように歌われています。

Jedes Pärchen glaubt das Märchen: Liebe hat ewig bestand.
全ての恋人たちは御伽噺を信じている:「愛は永遠に続いた」
Doch du weißt es, einmal heißt es:
でも、あなたは知っている
Reich mir zum Abschied die Hand!
お別れに手を差し出して
Dann ist der Himmel nicht mehr blau.
そして、もう空は青くない。
Dann weißt du's ganz genau:

そして、あなたはとてもはっきりと知っている:

 

Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist zu schön um wahr zu sein.

唯一度だけ、またとない、本当だとしたら素敵すぎる
So wie ein Wunder fällt auf uns nieder vom Paradies ein gold'ner Schein.
奇跡のように、私たちに黄金の輝きがパラダイスから降り注ぐ
Das gibt's nur einmal, das kommt nicht wieder, das ist vielleicht nur Träumerei.
唯一度だけ、またとない、もしかしたらこれは夢なのかもしれない
Das kann das Leben nur einmal geben, vielleicht ist's morgen schon vorbei.
人生唯一度だけ、明日にはもうないかもしれないから
Das kann das Leben nur einmal geben, denn jeder Frühling hat nur einen Mai.
人生唯一度だけ、春に五月は一度だけだから
 
 

 映画も冒頭の挿入歌では「お熱いのがお好き」的な、単なるラブストーリーかと思いきや、映画終盤やレコード版では越えられない、確固たる身分階級・社会を飲み込んだ上での「唯一度だけ」の恋を歌うものです(参考:ドイツ文学遊歩)。

 
Lilian Harvey and Willy Fritsch in Der Kongress tanzt (1931)  
 
まるで物語の最後を暗示するようなもの悲しい内容です😢。
越えられない身分差の恋に関してはこちらのブログを参照のこと⇒(ドイツ文学遊歩)。
 
よく成り上がりとか玉の輿に乗った女性の話を「シンデレラストーリー」なんて言ったりしますが、シンデレラは継母が底意地が悪くてシンデレラに召使いをさせていただけで、もともとは立派なお嬢様ですからね。日本の「お伽草子」の話の一つである「鉢かづき姫」ももともとはお嬢様だからこそ最後は結ばれたわけで、そこをいくと本作は町娘は結局は町娘、といったところでしょうか。
   

『会議は踊る』の感想

トーキー映画ですが、時代が古すぎて話に集中できない、ということもなく面白かったです。「ただ一度だけ」の長回しシーンがあまりに有名なので、ミュージカル映画かと思いきや、テンポよくずっと笑わせるコメディ映画でした。

 

入れ替わりシーンの冷や冷や感は、ギャングから女装で逃れ、マリリン・モンロー演じるシュガーちゃん(↓中央)に男であることをばれないようにする主人公の感じとも似ていますね。

 

最後は身分差の恋なのであっけないですが、それすら爽快に思わせる御伽噺のような情緒があります。そしてやはりクリスタル役のリリアンが歌うDas gibt's nur einmalという歌は素晴らしいです。

 

ドイツの寒くて暗い長い冬が終わりキラキラ輝く美しいドイツの春や太陽の日差し温かな夏の道を歩く時に私はこの歌をよく歌ってます。Das gibt's nur einmalはドイツ語学習者には簡単だし、口ずさめるドイツ語の歌としてお薦めの一曲です!

 

Das gibt's nur einmal (From

Das gibt's nur einmal (From "Der Kongress tanzt") [Live]

  • Volker Hartung & Cologne New Philharmonic
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

この歌は映画「会議は踊る」公開当時の日本でも流行したようで、公開当時の日本を描く宮崎駿作品の「風立ちぬ(2013年)」の中でも歌われています。
 
私は両方の作品が大好きでDVD持ってます(⌒∇⌒)。
 
f:id:oishiiringo:20180529100102j:image

 

宮崎駿監督作品『風立ちぬ』の基本情報

ジオジブリが制作した、2013年に公開された長編アニメーション映画です。上映時間は126分。副題は「生きねば」。実在した、戦闘機「ゼロ戦」の開発者であり堀越二郎をモデルに、作家の堀辰雄の小説『風立ちぬ』からの要素も盛り込まれています。宮崎駿監督は当初は本作品を引退作品としていましたが、後に撤回しました。本作品は主題歌にユーミンこと松任谷由実の初期の名曲、荒井由実の『ひこうき雲』を採用したことや 、主人公の声優にエヴァンゲリオンの監督で有名な庵野秀明を起用したことでも話題になりました。

 

監督 宮崎駿

脚本 宮崎駿

製作 鈴木敏夫

原作 宮崎駿/堀辰雄

音楽 久石譲

制作会社 スタジオジブリ

言語 日本語

 

映画『風立ちぬ』をドイツの映画館で見た感想

 

ドイツでもWie der Wind sich hebtというタイトルで全土で上映されました。

 
Wie der Wind sich hebt (Special Edition) [DVD]

 

初めてドイツ版ポスター(二郎が菜緒子の顔を覗き込むようにキスしている場面、↑のコマを進めた絵↓北米版二つ目と同じ)を見た時はドイツ人、ちょっと色ボケし過ぎでは?と思いましたが、よくよく振り返れば映画の内容を端的によく表している良いポスターだと思います。

 

ちなみにアメリカ版。


風立ちぬ スタジオジブリ 英語版 / The Wind Rises 宮崎駿 [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]


風立ちぬ 劇場版 BD+DVD 127分収録 北米版
 

 

ドイツの映画館では話題のハリウッド映画と同等の扱いでは決してありませんが、それでもドイツ全土の映画館で上映されていました。トーマス・マンのふるさと、リューベックでは町の規模・人口からして少し長すぎる期間上映していました。

 

私はドイツの映画館で日本語音声・ドイツ語字幕で鑑賞しました。ポスターの効果か、私以外の観客はインテリ風のアベックばっかりでした。あとは日本文化に興味ありそうだったり、アニメ動画に抵抗の無さそうな若者たちが大半だったと思います。

 

映画館で映画を見ると、家でパソコンやDVDプレーヤーで見るのと全く違う、知らない、居合わせた他の人の反応と一緒に見られるのが面白いです。

 

ドイツ人というのは不思議なものでアジの骨のシーンとか「え、ここでそこまで笑う?」っていうようなところで丁寧にツボって笑ったりしていました。ジブリ作品を見て育つと、ジブリに共通するテンポやノリをある程度習得するので、細かな笑いは見逃しがちなのですが、ドイツ人達は逐一細かな二郎のボケやギャグも見逃さずに笑っていてなんて几帳面な人達なのだろうと感心しました。

 

それと「風立ちぬ」はドイツの科学技術や文化が世界を圧巻していた時代の話であり、ドイツも短いながら話の舞台であるので、特にドイツのデッサウシーンの始まりの、ドイツ人全員が全身から醸し出す「へっへーん、ドヤァ」感が忘れられません。やたらに三菱重工のちっちゃいおじさん上司を好きで登場する度にウケてました。

 

ドイツ人、ドイツ版のポスター真に受けて観客はインテリ風カップルばかりだから大いに後半のイチャイチャシーンを楽しんでた感があります。日本人的には駿~勘弁してくれ~と思ったりもしたものですが。二郎と菜穂子の結婚式のシーンとかちゃんと喜んであげる空気だったり、インテリ層カップルは色々と優しいのでした。ちなみにドイツ人は結婚した夜にジローが雨戸を閉めるシーンでカップル達がオオウケしていました。

 

日本だとファミリー層は特に、宮崎駿作品の閾値を超えてるのでこれから何を見せられるのかわからなくて冷や冷やして「ハ、ハヤオ!」と緊張が走りそうなものを、ドイツではそんなことありませんでした。

 

謎の外国人が二郎とテラスでドイツのタバコふかしながらドイツの政治情勢についてトーマスマンの魔の山について話すとき、最初ドイツの名前が出た時また「ドヤァ」からユンカー博士解雇、ナチスの台頭の話でいきなりへの字眉の困り顔。ドイツ人は忙しい。

 
庵野秀明氏の起用自体には異論は無かった派なのですが、後日ドイツ語吹き替えで上手な吹き替えを聞いたら「声優・俳優に任せても良かったんじゃ」と思ったり。ドイツで見た経験を元に言えば、二郎がドイツ語を喋るシーンの発音がひどくて(のっぺり過ぎて絶対に通じない。誰か、ほんの少しでも指導する人はいなかったのだろうか)全身から火が出るほど恥ずかしかったです。

 

映画『風立ちぬ』と『唯一度だけ』

映画「風立ちぬ」の中でも「唯一度だけ/ Das gibt's nur einmal」は歌われています。「会議は踊る」のように、ヒロインの独唱というスタイルでは無く、謎の外国人の弾くピアノに合わせて、レストランにいる人々が一同に『ただ一度だけ』をドイツ語で合唱します。映画「会議は踊る」は当時の日本でも歌と共に流行り、「風立ちぬ」の物語の中の高級避暑地には当時の富裕層&インテリ層が集まるとはいえ、そんなみんなで歌えるものなのかな、と疑問に思いましたが、美しいシーンでありました。

 病状が悪化していく菜穂子と二郎の短い幸福な時間を暗示するかのような、高給避暑地での美しい夏の夜に歌われる「ただ一度だけ」が話の結末を象徴しているかのようでした。
 

当時のインテリ層の教養の高さと言えば、主人公とヒロインが始めて会うシーンで、二等車のお嬢さまと三等車の若者が風で飛ばされた帽子をキャッチし、フランス語で和歌の上の句下の句みたいにやり取りで、ポール=ヴァレリーPaul Valéryの詩の一節、

 

Le vent se lève, il faut tenter de vivre (風立ちぬ 生きねば)

 

フランス語、なんて読むんですかね。いや、当時のインテリ層、凄いです。私はポカーン( ゚д゚)としちゃいますよ。

 

そして再会に二人をまた引き合わせたのもで、映画のタイトルは「立ちぬ」。宮崎駿は天才です。

 
カプローニの夢のシーンが美し過ぎて、優し過ぎて本当に泣けます。イタリア人三人に聞いたがカプローニを知ってる人はいなかったので、母数が少なすぎて何とも言えないけれどもカプローニ伯爵はそこまでは有名人ではないみたい。

 

こんな素敵な作品を作った宮崎駿はやはり天才だと思いました。

そして、『Das gibt's nur einmal/ 唯一度だけ』は名曲ですね。