りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツと東京から発信

はてなPROブロガーがTogetterでまとめを作りAmazonアソシエイトで10日間稼いでみた。

f:id:oishiiringo:20181109023245j:plain

 

プロスキルを持つはてなブロガーが、AmazonのアフィリエイトプログラムであるAmazonアソシエイトに合格し、Twitter上のツイートをまとめて共有できるサイトのTogetterで、Amazonアソシエイトを用いて10日間でいくら稼げるか実験してみました。

 

Togetterとは?

f:id:oishiiringo:20181109020949j:plain

https://m.facebook.com/togetterjp/ より一部加工

Togetterはトゥギャッター株式会社(Togetter Inc.) が2009年から提供している、Twitterに投稿されたツイートをまとめてシェア・共有できるキュレーションサービスです。

 Twitterをしていれば一度は見たことがあると思います。 

togetter.com

今回、同じキュレーションサイトのNAVERまとめじゃなくてTogetterを使う理由は、何と言ってもイメージキャラクターが可愛いことと、NAVERよりもTogetterはTwitterの直埋め込みの要素が強く、著作権的により公平な感じがしたからです。

NAVERまとめ、無断転載34万件削除 新聞社など報道7社と合意 - ねとらぼ

TogetterはNAVERと違ってまとめ作成者に、ページ閲覧によって生じた収益を一部分配していないところが、ツイートしている人の著作権や「芸能人画像まとめ」のように肖像権などの侵害を(結果的に)推奨していなくて良心的に思えました。あとNAVERは外資系でTogetterは御茶ノ水に本社を置く国内企業なんで、一円でも多く納税してくれそうだから(適当)。 

 

まずはAmazonアソシエイトに登録

TogetterでアフィリエイトをするにはAmazonアソシエイトIDが必要です。

私はGoogleアドセンスには合格したものの、Amazonアソシエイトには不合格で、もしもアフィリエイト経由でAmazonのアフィリエイトを利用していました。

Googleアドセンスに合格してから2ヶ月、著作権についてもよく学んで細心の注意を払い、再申請しました。

ブログの収益化①著作権とGoogleアドセンス申請 - りんごの匍匐前進

申請対象は本ブログを提出しました。一緒にtogetter.comを申し込むとAmazonから「あなたが所有していないサイトでは申請できません」と即返事を頂くことになり、再申請することになります。

後日、Amazonからめでたく合格通知を受け取ることができました。

 

 Amazonアソシエイトに副サイトとしてTogetterの登録を申請

 以下のページを参考にしてAmazonアソシエイトの「ヘルプ>お問い合わせ>アカウント情報の変更、登録URLの追加など」のフォームからTogetterアドレス(togetter.com/TwitterID)の追加申請を行い、数日後に合格しました。 

affiliate150.com

TogetterにAmazonアソシエイトのIDを登録

トップページhttps://togetter.com/ から、画面右上の「設定」をクリックします。

f:id:oishiiringo:20181031054804j:plain

現れたプルダウンメニューの中から「ユーザー設定」を選択します。

f:id:oishiiringo:20181031054527j:plain

 

現れたプロフィール設定ウィンドウの「AmaznのアフィリエイトID」の箇所にAmazonアソシエイトIDを入力して「設定する」ボタンをクリックして保存すれば設定は完了です。

 

f:id:oishiiringo:20181031054545j:plain

あとはまとめ編集画面左下のAmazonのマークから適宜商品検索をして、まとめの文脈を壊さない程度に商品リンクを埋め込みます。

 

プロブロガーの腕の見せ所・まとめ作り

Togetterでまとめを18個作成しました。まとめ作成にあたっては、「スマホで片手で簡単楽々(^^♪」などではなく、2スクリーンのパソコン画面でネット検索やTwitter検索を駆使して本気で行いました。ブログで培ったノウハウ、ストーリー展開や視覚に訴える文字修飾、クリック・拡散されやすいタイトルやサムネイル画像の選定などを存分に発揮しました。

 

まとめを作成したジャンル及び本数、閲覧数の概要は以下の通り。

 

まとめのジャンル まとめの本数 ページ閲覧数総和(概算)
お役立ち情報系 3本 39,000PV
社会問題系 3本 177,000PV
有名人・芸能人系 5本 11,000PV
政治・時事系 4本 47,000PV
写真やファンアート系 3本 40,000PV

 

どのタイプが伸びるんだろう?と探るために色んなジャンルのまとめを作成してみました。凝り性なので大半のまとめは三ページ以上、長いと5ページの長いまとめです。

 

お役立ち情報系は、Twitterで途方に暮れている人を見つけてその人に届くように各省庁の公式アカウントやNGOや同じ問題を抱えたころのある当事者のツイートを中心にまとめました。どのまとめもバランス良く1万PV以上伸びました。

 

有名人や芸能人ネタはリアルタイムで楽しむのが面白いのと、芸能ニュースなんかが競合したりするので案外伸びませんでした。それとアフィリエイトを組み合わせる場合には著作権関連も気になるので、アフィリエイトは埋め込まないものも有り。

 

社会問題は全体が伸びやすかったわけではなく、たまたまひとつのまとめが3日で15万PV、はてなブックマークは700以上、ツイートは3000以上まで伸びました。伸びたのは5ページ以上に渡る力作で、見慣れた大物ツイッタラーもコメントするなど反響が大きいのが嬉しい反面、ツイッターでコメントを見ていると色んな情報・意見が見えてくるので頻繫にまとめのお手入れ・アップデートをする必要があり大変でした。

 

政治・時事系は一番まとめ毎のPV数の落差が激しい、当たりはずれのある分野だと思いました。伸びるまとめはあっという間に4万PVに行きましたが、全く伸びないまとめはたったの235PVです。

 

写真やファンアート系は、完全に自分得まとめとして作りました。シェアするのは皆「好き」を共有している人ばかりなので、一番平和な環境だったと思います。

 

気になる結果報告

ページ閲覧数に応じてお金がもらえるNAVERと違い、Togetterは報酬の支払いはありません。

TogetterでAmazonアソシエイトで10日間稼いだ結果が以下になります。

 

クリック数は430回強。

注文数は11。

未発送1。

紹介料はうまい棒が61本買える分。

 

多いと思いますか?少ないと思いますか?私はまとめの作成やメンテナンスに要した労力に全く見合わないと思いました。ちなみにアカウント全体の累計閲覧数は66万PVです。

 

これが自分のブログだったなら

(´;ω;`)ウッ…

(´;ω;`)ブワッ

。゚(゚´Д`゚)゚。

Twitterまとめは趣味でやるものですね( ・ิω・ิ)。

 

そもそもなんですが、ツイートまとめはセルフまとめでもない限りは他人様のツイートを借りてページ閲覧数を稼いでいるわけで、他人の著作でぼろ儲けしたら、いくらまとめたとはいえおかしいですよね。だからある意味では妥当といえば妥当だと思います。

 

結論

Togetterで稼ぐのは無理

Togetterまとめはあくまでも金稼ぎのツールではなく、個々が楽しむために行うものだと思いました。NAVERまとめでキュレーターをやっている人はいてもTogetterでやっている人はおそらく一人もいないと思います。

 

ブロガーやアフィリエイターはブログを頑張りましょう。ブログ記事は一度書けば検索エンジンから長きにわたって閲覧してもらえるまさに「資産」です。一方のまとめ記事はバズっても寿命が短く、消耗戦です。更に、ツイートまとめは数十万のPVを集めようとも収益は数百円の世界です。そして当たり前ですが、ブロガーがまとめを作成・更新しているとブログに費やす時間が無くなります。

 

Togetterの利点など

それでも、他人のツイートを都合良くパクってブログ記事を書くくらいならTogetterを使った方がいいし、ブログ記事よりも拡散されやすいので、広くなにか主張や問題提起をしたい時にもTogetterまとめは有効だと思います。それと拡散力とドメイン力が強いので、お役立ち情報系は知ってほしい人に届きやすいという利点もあります。

 

Togetterから学べること

なぜにTogetterまとめが拡散し易いかというと、おそらくはTogetterは基本的にツイート引用=伝聞形式というのが大きいのだと思います。「論語」は孔子様の「師いわく」、聖書は「主はのたもうた」、コーランもアッラーの啓示で全て伝聞形式です。それと同様に、「私の言うことを聞け!」じゃない根拠があって独りよがりではないブログ、または発信者(=ブロガー)自身が信用を獲得している、ブランド化しているブログはきっとTogetterと同様にバズるんじゃないかと思います。

それとわかりやすく親しみやすいインターフェース、サムネイルや工夫したタイトルなども。

また、TogetterはTwitterでの宣伝が上手にできるシステムになっています。まとめをお気に入りにする人が増えると公式アカウントが「今読まれているブログはこちらです」「編集部オススメ」「今伸びてるみたい」と宣伝してくれて、画面右上のランキングでサムネイル付きの上位に入ると人が人を呼ぶ形でPVが伸びていきます。コメントをしたりお気に入りに登録するとまとめURL付きでTwitterにシェアされ、Twitter上の議論とまとめが正に相互作用する感じ。上手くできてると思います。

 

ブロガーがTogetterから学べることもまだまだありそうです。

 

以上が私の、Amazon✖Togetter体験記でした。