りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツから発信

ワクチンのこと。

日本語のワクチンってドイツ語のdas Vakzin からきっと来てますよね?尤も、Vaktinもラテン語由来ですし、ドイツ語ではImpfstoffの方が一般的な感じもしますが。英語ではヴァクシンですね。ワクチンのあれこれを。

 

 

1. HPV

私は去年夏頃までは日本語のウェブサイトやニュースも殆ど見ていませんでした。

 

だから、日本では反ワクチン運動が盛んになって若い女性・少女へのHPVワクチンが副作用を恐れるあまり接種者が激減しているというニュースも知りませんでした。

日本における子宮頸がんの最近の動向はどうなっていますか?

 子宮頸がんは年間約1万人が罹患し、約2,900人が死亡しており、患者数・死亡者数とも近年増加傾向にあります。特に、20歳~40歳台の若い世代での罹患の増加が著しいものとなっています。

子宮頸がんとHPVワクチン:日本産科婦人科学会

ワクチン接種と「副作用」の直接の因果関係については最新の新聞記事等を見る限りでは否定されているようです。

 

一方で、実際に接種後に体調を崩して人生が狂わされた女性がいる以上、不安なのもわかりますが、接種を取り入れた欧米先進国では浸潤がんは有意に低下または全く発生していないというのに、日本ではまだまだ若い女性が亡くなったり摘出手術を行われているというのはとても悲しい現状のように思います。

 

村中璃子医師の著書はTwitterで話題になりましたが、タイトルからしてもう衝撃的です。。

ドイツのお医者さんは割に気軽にグサグサと注射をします。

 

あまり刺され過ぎないように、ワクチン接種を記録するようにもらったワクチン手帳を広げた様子↓。

 

ただの黄色い紙ぺらの黒一色刷り、パスポートサイズです。


f:id:oishiiringo:20180525032328j:image

 

裏表紙(左側)の「若者(9~17歳)」の項に、12-17歳の少女にHPVワクチン、と書いてあります。 

 

日本のHPVワクチンの諸事情を知った後に、さりげなくちゃんと書いてあるドイツを少しだけ羨ましいと思いました。

 

他にも破傷風ジフテリアが10年毎との記載があります。

 

またドイツではありませんが、イギリスでは女性だけでなく12歳から13歳の男児にもがん予防のためにHPVワクチン接種が提供されるとのこと。

HPV vaccine to be given to boys in England - GOV.UK

 

2. はしか

 

ワクチンと言えば、日本では麻疹が大流行です。

 

乳児や小さい子供がかかると最悪死亡したり、障害が残るそうです。麻疹は空気感染もある非常に感染力が強く生命に関わる恐ろしい感染症です。

一時帰国時にウィルスを持ち帰って知らず知らずのうちに加害者になりたくないので、万が一を思ってワクチン接種の記録を探したら、7年前に再接種してました!

 

自分で接種したというよりもお医者さんにお喋りがてら、海外に行くことを伝えたら有無を言わせずにグサッと刺されたような、とにかくちゃんと接種した私、偉い!ワクチン接種を推奨してくれたお医者さん、打ってくれた看護師さん、ありがとう!


f:id:oishiiringo:20180525032317j:image

 

 左からの3分の1位のところでちょうど破けているので偽造のように見えるかもしれませんが、偽造ではなくちゃんと麻しん混合ワクチンです。

 

特に妊娠を考えている若い女性は接種していない場合はできるだけ早く接種しときましょう。

www.mhlw.go.jp

3. BCG

あまり関係ないですが、いわゆるハンコ注射(BCG、抗結核菌)って海外には(少なくともドイツには)あまり無いみたいです。

 

残念ながら、私の上腕部からももう殆ど跡は消えてしまいましたが、私は結構あれはカッコイイと思うので自慢したりしてました!

 

4. 狂犬病

日本で狂犬病ワクチンの摂取率が下がっているそうです。

 

確かに日本は狂犬病清浄国ですが、摂取率が低いといざ上陸した時に未接種の犬は全て殺処分等になることも十分にあり得るので、飼い主さんは是非ちゃんと予防接種に連れていってあげて欲しいです。