りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツと東京から発信

【文例付き】ドイツのプライベート保険に加入&領収書を送って費用を還付してもらう

ドイツでは健康保険に未加入だと滞在許可証(VISA)も下りないし、留学なら入学許可も下りないので健康保険に入る必要があります。

 

私はMAWISTAとCare Concept、AOKの加入経験があるのでそれぞれについて手続きやメリットデメリットを紹介します。

 

 

1.ドイツで保険:どれを選べばいい?

1.1 AOKとTKなどの法定健康保険

大半のドイツ人がこれですが外国人が加入するとなると保険料金が一番安くても月々77ユーロから(年齢や既往歴によっては高額になります)とやや高額です。

 

しかし高額なだけあって、非常に広範囲にカバーしていてこれさえあれば安心そのものです。

 

ホームページ等の対応言語はドイツ語のみだったと思います。

 

1.2 プライベート保険

 

プライベート保険はAOK等に比べれば30ユーロ台と安い分、「必要最低限の」範囲しかカバーしていません。

 

契約内容によりますが、重病の場合のカバー率や入院した場合の日数に制限があったはずです。

 

また、器物破損等への保険はまた別途(月々3~5ユーロ)購入することになります(オンライン申請中に必ず勧めて来ます)。

 

以下に比較的有名なプライベート保険を二つを紹介します。

 

1.2.1 Care Concept

Care Conceptは中国語対応スタッフがテレフォンサービスでいて、中国人留学生が多く利用している印象。

 

多言語表記ですが、残念ながら日本語には対応していないので、日本人は必然的にドイツ語か英語対応になるでしょう。

www.care-concept.de

1.2.2 MAWISTA

MAWISTAはインド人や南米人に多い印象です。英語とドイツ語対応です。

www.mawista.com

あまりに怪しいのでなければ基本的にはどれでも大丈夫だと思います。。

 

できるだけ身近に同じ保険に加入している人がいた方がいいとアドバイスもされましたが、大体のプライベート保険は手続きがほぼ一緒だと思います。

 

2.加入手続き

2.1 AOK

AOKは所属組織が勝手に申し込んでくれたのか(記憶に無い)、手続きは勝手に行われてました。

 

年金保険番号なるものを求められましたが、徒歩圏内の税務署に行って身分証明書(と雇用契約書?)を見せたら簡単に窓口で発行してくれました。

 

気が付いたらある日加入されていて、自宅ポストにAOKから「写真を送ってください。」との手紙。

 

写真を同封して返信すると、後日、プラスチック製で写真付き、で立派な、身分証明書にも使えそうなICチップ付きの保険証が届きました。

 

 2.2 プライベート保険

一方のプライベート保険は、MAWISTAもCare Conceptもオンライン申請が原則です。

 

たくさんの個人情報を丁寧に入力して申請すると、ものの数分で登録したメールにPDF形式で規約書や仮の保険証やら保険申請用のPDFが色々と添付されて届きました。

 

そのうちのひとつの問診票みたいなのに手書きで記入して、求められている書類を添付して郵送して完了になります。

 

保険開始期間はオンライン申し込み日当日から選択できます。

 

プライベート保険はAOKのような立派なプラカードではなく、「各自印刷してください。」という形式です。

 

f:id:oishiiringo:20180517061936j:plain

 左がMAWISTA、右がAOK。タコの部分が顔写真で、さやえんどうの部分が保険番号等の個人情報です。紙は心許ないけど、ちゃんと使えるので大丈夫です。

 

3.保険を使う~代金を請求する~

3.1 AOK

AOKは上記のカードを受付で見せるだけでOK。

 

歯石除去や定期健診等、無料サービスがあるので調べてどんどん利用しましょう!

 

 3.2 プライベート保険

一方のプライベート保険は安い保険料なだけあってそこまでは手厚くはカバーされてませんし、利用もひと手間かかります。

 

以下に簡単に代金請求方法を述べます。

 

①まずは受診先の病院や歯医者さんで保険カードを見せます。

 

運が良ければ病院側で保険屋に直接利用代金を請求してくれることもあるとか無いとか。

 

②患者自身がその場で料金を支払うか、後日振り込みをして立替えます。

 

③病院が自宅に請求書または領収書を送って来るので、それを保険会社に転送します(下記参照)。

 

④保険会社が登録口座に立替えた分の料金を振り込んで還付します。

 

3.3 送付文章の例文

こんな感じ↓の手紙と請求書または領収書を保険会社に送るとよいです。

 

以下に文例を挙げます。

 

 MAWISTAへ今日、代金請求すると仮定した場合。

Oishii Ringo
住所
電話

MAWISTA GmbH

Versicherungsvermittlung

Albstrasse 26

73240 Wendlingen (保険会社の指定する住所)



[住んでる町の名],17.05.2018

 

Versicherungsscheinnr : 12345678 (保険番号。超大事)

 

Sehr geehrte Damen und Herrn,(関係者各位)

 

Hiermit sende ich Ihnen Rechnungen von meinen letzten Arztbesuch zu. Ich bitte Sie um die Ertstattung dieser Kosten auf mein folgendes Bankkonto;(直近の受診の領収書を送るので受診料を以下の口座に振り込んで下さい;)

 

Kontoinhaber : RINGO OISHII (口座所有者)

Bank : 銀行名

IBAN : DE** **** **** **** **** **

BIC. : *******

 

Besten Dank im Voraus.(先にお礼申し上げときます)

 

Mit freundlichen Grüßen(敬具)


Ringo Oishi

(印字の名前と手書きの署名)

Anlagen(添付)

Rechnung(請求書)

 

これをA4紙に印刷して(無理なら手書きでも良し)、病院から送られてきた請求書と一緒に三つ折りにして保険屋の住所に送り付ければOK。

 

上はあくまでも参考程度で、「名前と保険番号を小さな紙に書いて請求書と一緒に送ればOK。それ専用の住所だから」という強者(中国人)もいますが、あまりオススメはしません。

 

少額でも切手代よりも受診料がかかったら遠慮なく請求しましょう!

 

 注意としては、上記は内科、耳鼻科、歯科等の~400ユーロの場合ですが、長期入院等の高額料金の請求には医者に別途書類を記入してもらう必要があります。

 

 

 4. その他

4.1 退会手続き

プライベート保険は退会は簡単で、電話口で退会したいと言えばそれで完了だったと思います。

 

オンラインからも退会できたと思います。

 

はっきりしたことは覚えてませんが入会と比べて非常に簡単でした。

 

ただしこれはドイツでは非常に例外的であることは注意しておく必要があります。

 

何でも書類とサインが命の国ですから、Kündigungと太字ででかでかと保険番号を書いて日付とサインしを記入した紙を送り付けるか、オンライン手続きをする等した方が安心です。

 

電話の場合はすぐに退会の確認PDFが届いたような?海外、特にドイツでは口約束は厳禁と覚えておきましょう。契約書は絶対、なのです。

 

4.2 重複請求はダメみたい

プライベート保険とAOKに重複加入していた時期に、歯医者で保険が効くか微妙な治療もどきを施術され、ドイツ人が(ここ重要!)「両方に送ってみれば?」と言ったので、両方に送ったら両方から還付されました。

 

てっきりクレジットカード会社みたいに、情報を共有しているものだと思ってたので(プライベート保険とAOKが相談して決めたと思っていた)、「毎月保険料払ってるとこういうこともあるんだ」程度の認識でしたが、翌年署名付き・法律で脅し付きでAOKから「重複申請したでしょ、振り込んだ分返しなさい」とのご通達が来ました。

 

なので、事前に問合せるか、ちゃんと物事は計画して二つ保険に同時加入するのはやめましょう。。。

 

わざとじゃないんだけどね。(´・ω・`)。

 

↓こういう本は一冊あると便利です。私はマルコさんにお世話になりました。

 

oishiiringo.hatenablog.com